東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

お気軽に電話相談を!052-775-2353(受付:月・火・水・金・土)
東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

院長のブログ

  • 創意工夫の難症例3 New!
    ・上顎まは下顎に1本だけ残っている元気な歯・「3残存Klage : 義歯が不安定で噛めない治療のポイント・自家製アタッチメントとオーバーデンチャー・「3  自家製根面アタッチメント・全顎 100年の歴史を...
  • 創意工夫の難症例2 New!
    下顎骨の吸収が激しく、下歯槽神経が露出している症例klage: 咬むごとに神経を圧迫してビリビリ飛び上がる。      下顎の顎堤の吸収ひどく義歯が安定しない治療のポイント・奥の手があります・究極...
  • 創意工夫の難症例1 New!
    ・すれ違い咬合・上顎、下顎に歯があるが上下の歯で噛めない・75⊥456 431T1237 残存 骨植良好 治療のポイント1、咬合平面  7T7 の咬合平面獲得、1920年Monsonの球面2、∟6「67の咬...
  • 義歯専門外来の原点  追加
    アメリカ合衆国の総義歯A.gerben教授(zürich大学)考案のlingualized occlusionの理論は大西洋を渡ってアメリカ大陸で発展した。・ E.pounds「lingualized occlusion...Pound lineで有名」★M.B.sosin: Bladed Me...
  • さくらとの出会い
    故郷、名古屋で開業して数年、診療、学会に追われる毎日でした。そんな折に、妻と2人で根尾谷の淡墨桜の観桜会に参加し、樹齢1500年という古木の姿に圧倒されました。以来、桜の魅力にとりつかれ、ボランテ...
  • 義歯専門外来の原点について 最終回
    1976年2月スウェーデン イェーテボリ大学歯学部補綴学講座 1976年2月英国ロンドン大学、イーストマン・コダック病院を訪ねた。両国とも補綴学に関しては特筆することはなかった。30代、40代は大学で過ごした。...
  • 義歯専門外来の原点について その4
    ~ドイツ魂が生んだ独創的部分義歯~Konuskronen-teleskope by K.Körber1972年2月ドイツ共和国Kiel大学にK.Körber教授を訪問北海に面したKiel市に着いたのは、金曜日の夕方であった。金、土、日と3日間吹雪の港町...
  • 義歯専門外来の原点について その3
    ~ゲルマン民族の部分義歯~[テレコープの元祖]1978年3月 2nd European prosthodontic congress in Netharlands で研究発表の帰途、ドイツ共和国Düsseldorf大学歯学部にBöttger教授を訪ねました。スイスZü...
  • 義歯専門外来の原点について その2
    ~ゲルマン民族の総義歯~1977年11月、スイス補綴学歯科学会に出席し、帰途、スイス、Zürich大学歯学部にA.Gerber教授を訪ねました。大学はレマン湖を見下ろす丘の上にあり、湖を渡る橋には白鳥が飛んでいた。A...
  • 義歯専門外来の原点について その1
    1977年10月FederationDentarireInternationale in Toront sponsored byThe Cnadian Dental Associationに参加し、研究発表に参加致しました。発表後現地のトロント大学歯学部歯科補綴学講座にGeorge A. Zar...

12次へ »

▲ページトップへ戻る