東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

お気軽に電話相談を!052-775-2353(受付:月・火・水・金・土)
東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

院長のブログ

トップページ > 一覧 > 義歯専門外来の原点について その4
義歯専門外来の原点について その4
2020/05/17(日)

~ドイツ魂が生んだ独創的部分義歯~


Konuskronen-teleskope by K.Körber

1972年2月

ドイツ共和国Kiel大学にK.Körber教授を訪問

北海に面したKiel市に着いたのは、金曜日の夕方であった。

金、土、日と3日間吹雪の港町で過ごした。

吹雪の中を歩く市民の生きざまにドイツ魂を感じた。

港町の店にはサバの天ぷらが並んでいた。

フランスのファッション、バカンスのイメージはみじんもなかった。

ワイマール大通りを直進すると右側に北海を望む丘の上にKiel大学はあった。K.Körber教授は研究者肌で多くを語らなかった。

しかし,私は日本で教授の著書を医局員として輪読していたので多くのことを学んだ。教授は実験室で情熱的にコーヌス外冠の焼付ポーセレンへの応用に熱中しておられた。

Konuskronen-teleskope by K.Körber





---------------    臨床例①   --------------------





施術後

義歯装着
側面



-------------     臨床例②     ------------------------


       上

       下





          正面



                       右側               左側

▲ページトップへ戻る