東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

お気軽に電話相談を!052-775-2353(受付:月・火・水・金・土)
東海・名古屋|入れ歯・義歯のご相談なら 東海歯科補綴研究所 名東歯科

院長のブログ

トップページ > 一覧 > 義歯専門外来の原点について その1
義歯専門外来の原点について その1
2020/05/11(月)
1977年10月FederationDentarireInternationale in Toront sponsored byThe Cnadian Dental Associationに参加し、研究発表に参加致しました。発表後現地のトロント大学歯学部歯科補綴学講座にGeorge A. Zarb教授を訪ね、知遇を得た。

アメリカ大陸では、Carl O,Boucher  JudsonC,Hickey  George A. Zarbの3教授が補綴学の巨星であります。

幸いにもZarb教授の著書「Prosthodontic Treatment for Edentulous Patients」を日本語訳し、医歯薬出版から出版させていただく機会を得ました。

当時、Zarb教授はスウェーデン、イエーテボリ大学、Brånemark教授開発のOsseointegrated Implantの補綴学的取組に専念しておられました。

日本では、小宮山先生がブローネマルクインプラントを紹介された後広く受け入れられています。

大阪大学教授と供に翻訳

医歯薬出版から出版されました。

  



▲ページトップへ戻る